« NHK木曜時代劇「次郎長 背負い富士」 | トップページ | F1・HONDA優勝! »

2006/08/06

準備万端!&お隣のことなので余計なことですけど・・・この機会にひとこと言わせろ!

来週の夏イベ横浜行きの準備をちょろっとしようと思ったら・・・ほぼ完了。(笑)
着る物もほぼカバンに詰めちゃったし、ポータブルDVDをホテルに持ち込んでパンフDVD鑑賞会を行うので接続確認も完了。もちろんチケットも詰め込んで、あとは日々使っているものを詰めて、携帯電話とデジカメの充電して・・・いつでもいけるわよ!!!

さてさて、おまけに今日は久しぶりに髪の毛も染めてみました。そしたら「たかじんのそこまで言って委員会」をみながら居眠りしてしまい、またも色はあまり入らず、色が落ちただけって感じ。でもいーんです!白髪が目立たなくなれば。(爆)

長野知事選、やすおちゃん落選。
他県だから関係ないが、隣県なので気になる。
でもちょっと、隣県だから関係あるところもアリ。
やすおちゃんが知事になってから、直江津港のお金出してくれなくなった。海ナシ県の長野県も使ってるのに。あれってその代わりに1度の使用料が上がったとかあったのかな?よく分からんが、新潟県のものだから~ではなくみんなで使うものだから~ってことで、出してやってくれんかなぁ?
糸魚川-松本間の道路も、この6年間止まっていた状態だったが、これでまた動き出すのかなぁ?これはウチも関係大アリ。オリンピックのときに整備されたので昔に比べれば全然よくなったけど、工事が進めばそりゃ楽に松本に行けるようになる。でもね、その前にせめて北小谷のくねくね崖道だけでも早くなんとかしてくれー!

そしてコレは政治的には関係ないけど、中越地震のとき長野県で集まった募金で、仮設住宅に住む人たちにプレゼントがやすおちゃん知事から直接手渡されていたニュース。
長野県民の募金がお金ではなく、りんごやら、雪国まいたけではないメーカーのきのこやら、長野県の名産詰め合わせであったこと・・・すごい異様だった。
せっかくの募金が当事者の住民まで行き渡らないことはいつも考えさせられることではあるが、避難所ではなくすでに仮設住宅に入居していたあのときは、実際に必要で欲しかった物は、食料よりも再建のための資金だったのではないのだろうか?(今の時代、食えないなんてことないって!)個人宅もだが公共施設がすべて破壊されていた状況で、県や自治体にそのまま渡したって有効に使ってもらえたのではないのだろうか?やすおちゃん知事は他県の公共事業にまで不信感を持っていたのだろうか?
そんで、長野県民の善意の募金が長野名産に化けてきた・・・結局長野県にお金を落としてきたってこと。このこと募金した長野県民はどう思っていたのかな?ニュースでプレゼント受け取っていたおばあちゃんは頭下げて「ありがとう」と言ってたが、もちろん募金してもらう立場なのでお礼は当たり前だけど、当事者じゃない私はニュース見ておかしい・・・なんか変・・・と思っていたのだ。

長野県(やすおちゃん)がずるがしこいのか、新潟県(おばあちゃんに限らず報道したものもやすおちゃんを迎え入れた役所も含めて)がお人よしなのか。(あのときのすさまじい状況ってこともあったけどね)

ということで、これで長野県もお付き合いしやすくなるかな?と思ったりして。
それにしても、海の事故多すぎ。梅雨明けて1週間ほどなのに何人死んだんだ?
交通死亡事故もあったし、朝早くから山から下りてきて、寝不足&疲れで溺れたり事故ったりしないように。
ぜひぜひ、余裕を持って日帰りではなく泊まりで来てね。そして新潟県にお金を落としていってね。

|

« NHK木曜時代劇「次郎長 背負い富士」 | トップページ | F1・HONDA優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82140/11307907

この記事へのトラックバック一覧です: 準備万端!&お隣のことなので余計なことですけど・・・この機会にひとこと言わせろ!:

« NHK木曜時代劇「次郎長 背負い富士」 | トップページ | F1・HONDA優勝! »