« 「エジゾンの母」第1回 | トップページ | 武道館のときのことで質問 »

2008/01/13

東儀秀樹さんのコンサートに行きました。

「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」ぢゃなくて、本物聞いてきました。いやでも、ホワイトさんから予備知識を与えてもらってたので、興味深く楽しんで聞けましたよ。
しかし、肩こりから頭痛が痛くて(笑)、直前に飲んだ鎮痛剤が効いて、あやうく舟を漕ぎそうになりました。

コンサートは2部構成で、1部は伝統的な雅楽と、東儀さんが最近力を入れているという奈良時代の伎楽を混ぜ合わせたステージでした。伎楽は正倉院から出てきたという面をつけて踊るのですが、これがまた前衛舞踏のようで・・・そして新体操と皿回し・・・伎楽時代資料が残ってなくてこういうもんだんだろーなーという想像で構成されているそうなので。1部最後のほうで東儀さんの舞が見られて、これぞ雅楽!って感じでした。
2部はオリジナル曲でした。テレビで見る東儀さんはこっちのほうなので、コレを期待していたお客さんはいっぱいいたと思う。でもワタシは1部のほうを期待してたんだけどね。雅楽の楽器の音をこう使うのか!って聞いてましたけど。篳篥の音が好きだから、もっといろんな音楽に使えないもんかなーと思ったりして。でもリード(って言わないけど)をお茶につけとかないといけないから大変なんだよね。(ホワイトさんより)笙を担当されていた方はずっと小さな火鉢の上でくるくる回して温めていました。篳篥の東儀さんと、笙のお母さんと、龍笛のお姉さんと、三人のステージでしたが、最後に全員で演奏して、それは迫力ありました。だって、琵琶はカッティングしてるし、琴はスリーフィンガーしてるし。東儀さんがバンドとかやってたそうなのでそういうのもアリなのかなと。いろんなもん取り入れてましたね。

終わってからロビーに展示してあった雅楽器や衣装や面を見ていたら、運転手Iに会いました。入場のときにもらったチラシの中に新潟である一竹辻が花展のがあって、裏見たらたかみーのギターが載ってた。テレビCMでもやってたの神宮球場で着たやつだよねーと思ってみていたから、見に行きたかったけど、なんかのついでがないとなかなかそれだけのために新潟に行くのはきついよねーと言ってました。ギターの展示もあるのかな?それは書いてなかったけど。・・・なんかついでないかな?今年は世界の蘭展ないのかなぁ?

|

« 「エジゾンの母」第1回 | トップページ | 武道館のときのことで質問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「エジゾンの母」第1回 | トップページ | 武道館のときのことで質問 »