« やすらぎ堤、白山公園の桜 | トップページ | アサヒビール「からだにうれしいプレゼント」キャンペーン »

2008/04/10

MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人

目覚めにヤスケンのふんどし姿をお見舞いされ、生シゲちゃんを堪能し、家に着いたら大泉さんがアルマゲドンを見て号泣していた(アメリカ横断第1夜)、NACSファンとしてはなんとも濃い一日でした。(^^)

チケット取った頃にはあらすじを読んだような気もするけど、またもすっかり忘れて会場に入っちゃいました。ただ、モバイルでしげちゃんの七三を見たのと、モリーダーと音尾さんがティッシュ必須!と言われていたのを頼りにしていただけ。「ガマ王子vsザリガニ魔人」ってタイトルだけで笑えると思っていたのですが、いやいや深い感動物語で・・・

・・・でも泣けませんでした!始まってすぐから斜め後ろの人の腹の虫が、ガマ王子の鳴き声よりも高らかで!幕間があるのにそのときに食べてこなかったようで、最初から最後まで泣けるシーンで静まったらなおさら聞こえてくるし!平日でお仕事上がりでぎりぎりに入場されたのかもしれませんが、ちょっとでも食べてから参加しようと、自分でも思わされました。・・・帰ってもらってきたチラシ見たら、演劇人によるケータイoffキャンペーンって漫画で、ケータイoffといびきと腹の虫があって、「一番恥ずかしい思いをするのはあなた自身!!気をつけてね。」と締めてありました。気をつけましょ。

ここからネタバレも含まれますのでご注意を・・

大貫役の吉田さんの怒り方がまっこと怖くて迫力ある!パコ役のレナちゃんは見た目よりも幼い感じの演技で、障害のある病人の感じでよかったです・・・幕間にパンフレット見て、ハムレット俳優・・・なるほど。そして「キグルミ」!!!もっと大人っぽく見えるぞ。いつもと違う感じに驚き。さすが女優。
泣けなかったけど、一番こみ上げてきたシーン「ジュンペイが死んだ!」・・・だめなんです。動物が死ぬの。龍門寺役の山内さんのコミカルな演技に笑ってるんだけどこみ上げてくる。「手ぇからえさたべるんや」とジュンペイの姿を思い浮かべるだけでダメ。そしてパンフレット後藤ひろひとさんの犬のパコの話を読んでまたダメ。うーんホントはここが泣き所じゃないんだろうけど。しかし、龍門寺が帰りを待っていたジュンペイが、大貫が蹴った野良猫なんじゃないか?と思っていたので、ちょっと残念。
NACSの5人芝居を見慣れてしまったせいか、人数が多くなるとどうも・・・大貫とパコの関係には感動だし、龍門寺は上記のことで(!?)感動だったんだけど、浩一と雅美はともかく(現在シーンとのつながりだから)、室町と光岡はもっと掘り下げて知りたかったな・・・と。前作は主役だったらしいが今回は大貫&パコが主役で変わったのかな?見比べてみたい感じ。滝田・木之元・堀米についても、入院している理由が分かったり分からなかったり・・・もっと掘り下げればいろんなドラマがありそうなのに・・・と、みんな掘り下げてると連ドラになっちゃいそうだから、やめとこ。連ドラになると間延びしたものになる場合もあるし。(ex東京タワー)
堀米については最後に意表をついたつながりがあり、決してハッピーエンドでないところもなるほどーと思わせる物語でした。
昇太さんアドリブで「暴れん坊将軍シリーズ!越後屋おぬしも悪よのう。でも越後の人は悪い人じゃない」と地元ネタを入れてくれて拍手されてました。
カーテンコール4.5回出てきてくれて、カツラかぶっていたシゲちゃんがおじぎしながら取ったら会場悲鳴ですわ。おもしろかった。あまりに終わらないんで山内さんが「アホみたいに拍手しな!」と言われてやっと終わりました。
と、シゲちゃん目当てでチケット取った割には、また別のところばかり見ていたわたしです。シゲちゃんの大きな演技も、みな大きな演技の中に入ればなじみましたよ。面白くて泣かせて、いいお芝居でした。

今回もらったチラシに、再演「宝塚ボーイズ」ありました。シゲちゃんと三宅さんが抜け、瀬川亮くんと今回出演していた山内さんが出ます。あとはメンバー同じなので、どう変わったかいや変わらなくても見てみたい!と思いました。だけど地方公演少ないのね。
あと「王様とおばさん」脚本演出福島さん、布施さん宮本さん山路さん東山さん・・・って「しあわせのつぼ」カンパニーじゃん!コレに加えて羽野晶紀に宮地雅子・・・見たいかも・・・コレは新潟である・・・うーん、こうやってハマっていくもんなのかな。

そして、今回の舞台の映画化も決定しているそうで。
「パコと魔法の絵本」
吉田さんのあの怒鳴りまくる大貫を役所さんがどう演じるのか、もっと冷酷な大貫になるのかな?と予想したりして。木之元がオカマの國本さんになってそれも面白そうだし、妻夫木くんのザリガニ魔人も楽しみ(でもオカマキャラがかぶるのか?)「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督ということで、劇中劇の映像も楽しみな映画になりそうです。

|

« やすらぎ堤、白山公園の桜 | トップページ | アサヒビール「からだにうれしいプレゼント」キャンペーン »

コメント

宝塚BOYSの再演、ちょっと観たいよね。
私もそう思うよ。
あの山内さんが大田川役でしょ。
どうなるんだろう?と。
でもチケット高!!
見送りでしょうなぁ・・・。

ジュンペイ~の下りは私も泣けました。
笑っちゃうんだけど、ジーンと来ましたねぇ。
なかなか面白い舞台だったね。
確かに人数多いと役が把握できなくて困るけどcoldsweats01

投稿: うめちゃん | 2008/04/16 08:47

宝塚BOYSの再演は気になるよねー。
なんかの機会に見れないものかと思うけど、今回は私も見送りかなー?

ガマザリも本当に面白くて泣ける舞台だったね。これももっとじっくり見たい。DVD買うか・・・シアテレでやってくれないかなー。

人数多くて把握するの大変だったのは、LOOSERで鍛えられました。(笑)

投稿: ちはる | 2008/04/17 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やすらぎ堤、白山公園の桜 | トップページ | アサヒビール「からだにうれしいプレゼント」キャンペーン »