« 白馬その後 | トップページ | ブラケット取れました »

2008/06/23

バッテリー

各方面で大ウケの、スペシャルドラマ「歓喜の歌」撮影日記。
ワタクシも仕事の途中で覗き見て、思わず噴き出しそうになりました。危なかった。私のツボは「決起集会」の頭からダンボールに突っ込み高々と上がったふじやんの足でした。さすがどうでしょう班!一人オファーを受けなかったミスターが不憫でなりません。きっと見切れてください!んもうこの「決起集会」だけでも期待大のドラマです!

そして次の日の「バッテリー」
ふじやんとカリスマの罵声が想像できます。そしてカリスマも・・・これは家で読みましたが大笑いしました。

そして今日、我が家でも「バッテリー」
今回は私の車ではなく半年以上も入院してやがるおばの車です。一人暮らしのおばの家に緊急連絡用の電話の器具をつけるために父と母が行ってきました。そこでバッテリーあがってないかとエンジンかけてみたらかからなかったそうです。3月にエンジンかけたときはかかったから大丈夫だろうと思って油断していたら、今になってダメだったそうです。ちょっと早めに帰宅した私の車には充電のケーブルが積んであり(よくバッテリーあげるから)、明るいうちに行ってこようということになり父には飲ませといて母と二人行ってきました。前はうまくいったのになかなかかからない。強敵でしたが何度か試しているうちにかかりました。あーよかった。
3月に見たときは何ともなかった車が、ホコリだらけで廃車みたいに見えるくらいきったなくなってました。冬の間は雪もありホコリが舞わなかったのですが、暖かくなり隙間風が入り込む車庫では意味がなかったようです。車庫から出してとりあえず水だけかけて洗うことにしました。しかし撮影日記を読んでいた私はエンジンとめちゃいけない!ノンストップ!とエンジンかけっぱなしで洗車しました。なぜか車より私のジーパンを洗ってしまいましたが。水浸し。
それからカリスマを見習ってドライブに出かけ、家によってとーちゃんに「エンジンかかったよ!」と報告し、パンツ履き替え、病院のおばのところまで行き、呼び出して運転席に座らせてみました。いちおう足は届くみたいです。(当たり前)まだ筋力がなく乗り降りに四苦八苦してましたが、なんとかマニュアルでも運転できそうです。病室までおばを送り、おばの家まで行って、車庫に入れて初めてエンジンを切りました。1時間半くらいドライブしてたかな?これで充電できたでしょ。車庫に入れるまではエンストもしちゃいけないとちょっと緊張のドライブでした。

|

« 白馬その後 | トップページ | ブラケット取れました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白馬その後 | トップページ | ブラケット取れました »