« 峠の釜めし | トップページ | 糸魚川レンガ車庫ジオラマ »

2009/10/10

2009.10.10 桐生市市民文化会館シルクホール

ガソリン満タンにして9時半頃出発。途中ソフト3本食べ、釜飯食べ(列車の座席はいっぱいで入れなかった)、事故りそうになりながら(あわや玉突き衝突のど真ん中になりそうでした。後ろの車が隣の車線に逃げてくれなければ、多分ぺしゃんこになってそのまま家に帰っていたと思う。きっとその後しばらくとろとろ走っていたからものすごい多重事故になっていたかも。みんなそれで目が覚めてひやひやしながら運転していたことだろう。)、何とか無事到着しました。
途中関越道で事故渋滞に巻き込まれたTさんのほうが先に着いていて(わたしゃ遊びすぎだ)、グッヅ買って、いろいろ準備して(早速エナメルバック使いました。これ会場に持ち込むにはちょうどいいかも。)、Kさんとも無事お会いできて(7月S&G東京ドーム以来)、13列ほぼど真ん中に近い席で、とても見やすかったです。

ここからはネタバレ含む。読みたくない方は見ないように!




オープニングからずらっとライブ定番曲が並ぶ。普段幸ちゃんの一言が入るところもなんかいつもと違う。最初からそんな感じがしていた。
「Believe」を歌う桜井さんは超セクシーでした。でもジャケットが大きいような気がして・・・痩せたのかなぁ。「Girl」は夏イベ再来!幸ちゃんのマイクにとっ捕まる桜井さん。最後に幸ちゃん一人でセンター前方に出てきて歌うフォーメーションは、まるで三役土俵入りみたいに見えた。
戻れるならいつに戻りたい?と言われ、桜井さん「中学生に戻って全国放送で『馬鹿』と言われないように勉強したい」その後出てきたたかみーにいつに戻りたい?と聞くと「勉強している桜井のところに行って『無駄』って言いたい」と言っていました。その後「あの頃に戻れたら」的な曲が続く。
「MyTruth」から始まる中盤は、新曲(といっても今年のマラソンソング)があったり、まるで新曲のような原形とどめないアレンジ変更あり、イントロが始まってもぽっかーんとするような曲が続く。新鮮。

アンコール・・・コントかと思ったら立ち漫才のような・・・春までの衣装まで作って、二人までヘッドセットしてっていうのはなくなって、どうもTさんの話ではたかみーが「やりすぎた」と反省したらしい。春は知り合った高校時代に戻っていたけど、秋はデビュー当時ライブハウス時代に戻っていました。あーいい感じ。笑いは少なくなったかもしれないけど、流れでいい曲がいっぱい聴けました。始まった曲は「挽歌」この曲一曲でチケット代5000円分だわと思っていたら、次に始まったのは「夕なぎ」!!!!!始まる前にTさんに「夢が叶う」って言われてなんのことやら?と思ってたらこれですか!?三人だけのステージはとっても素敵で、大好きなんですけど、あまりのショックに頭かきむしってました。その後もいい曲あったけどずっと頭かきむしったまま・・・思えば15年ほど前、ニフティのアルフィーフォーラムで「北陸で夕なぎが聴きたい」って書き続けていましたが、やっと初めて生で聴きました・・・でも内陸部なんですけど!!!!いやしかし、こりゃ11月の金沢&新潟が楽しみです・・・でも次の松本も内陸部ですけど。(爆)それまで「夕なぎ」がメニューから外れませんように。(-人-)

最後の曲、たかみーが一言しゃべってから始まった愛の歌は、なんだか宇宙に飛び出していきそうな、君を守る!みたいな・・・私としてはガンダムをイメージしたんですけど・・・違ったみたいですね。(世代の差と言われましたが)
最後は3人で肩組んで三方ご挨拶して、これまたまるで夏イベの最後を見ているようで、幸ちゃんはピックの遠投をしていたけど、いつものようにピックばら撒きはなく、・・・3人で肩組んでひっこんでいくのは、まるでB’zさんとこの「お疲れ!」をイメージしましたが・・・なんだか最後までいつもと違っている構成でした。

んもう、終わってからは「夕なぎショック」で呆けておりました。いやはやまぢびっくりだ。こんなにこの曲でびっくりしているのも私くらいなもんだろうけど。(爆)
Tさんの後をついて無事伊勢崎インターから高速に乗って、帰りは横川でかき揚げうどんを食し、東部湯の丸でリベンジのくるみソフトを注文するが「洗浄中」で食べられず、その後ノンストップで1時過ぎに無事帰り着きました。

|

« 峠の釜めし | トップページ | 糸魚川レンガ車庫ジオラマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 峠の釜めし | トップページ | 糸魚川レンガ車庫ジオラマ »