« 大阪城ホール | トップページ | 男鹿和雄展 »

2009/12/29

2009.12.29 大阪城ホール

ホテルに到着し、Yさんの部屋でまったりし、Oちゃんと合流し、腹が減ったのでサイゼリアでハンバーグ食った。前日「お試しか!」の帰れま10でびっくりドンキーのハンバーグ見て、どうしても食いたかったのだ。サイゼリアのスパゲティも食いたかったけどここは3点セットで。今回の大阪、ここでもごはん食べてるし、その後もチキン南蛮弁当だの神戸牛すき焼き丼弁当だの、普段食わないご飯をめいっぱい食ったなぁ。
公園でTさんに会い、スタンドでうめちゃんに会い、YANTOさんには手を振り(失礼いたしました)うめちゃんとYANTOさんとは席が近かったんですよねぇ。奇跡!

オープニングは変わらず、「幻想飛行」が来たんでこりゃ武道館と一緒か?と思っていたら「STAR SHIP」が来た!重そうなギターを持ち上げ上腕の筋肉を見せつけるたかみー・・・それ以上でっかくなるなや。(--;そしてこの日も「Girl」の前一曲なし。その分このあとのアコースティックコーナーが増えてた。
いつに戻りたい?の話は、桜井さんが逆に幸ちゃんに聞いてた。幸ちゃんの戻りたい話はレアだけど、私は金沢で生々しい初恋話を聞いていたので・・・んで今回は大学の受験日に戻りたいと即答。何で確認しなかったのかその後2~3ヶ月後悔し続けたと。その時その番号の席に座ってたヤツの顔は今でも覚えていると。桜井さんは受験日間違えてたことを教えてもらえなかった恨みつらみ。そして受験してたら受かってたと言い張る幸ちゃん。自信あったんだろうなぁ。たかみー登場して「あのときあの席に座っていたのは俺だ」と言うが、幸ちゃんもっとショボイ顔してるヤツだったと、高校のときから顔知ってるし、だいたい受験してないだろ!と突っ込まれる。たかみーは一升瓶に指を突っ込む前に戻りたいと。出かけなければならないけどなかなか抜けなくて、桜井さんが割ろうとしたらスポンと抜けたそうだ。桜井さんとたかみーで、あんなこともこんなことも言ってやる!と言い合いするが、どれもこれも言えないことらしく、そのまま何も言えなくなっていった。解散するのはヤだけど解散時に出版予定の暴露本3冊は楽しみ。(爆)
「From The Past To The Future」のあとに「希望の詩」が来たんで、こりゃ武道館と一緒か?と思ったら「夢の終わりに」が来た!いい意味で裏切られまくり!年末にしっとりとなかなかいいっすね!
たかみーのMCで、武道館でも言ってたんだけど「あんた(イブ)or(年末)どこ行くの」「(武道館)or(城ホール)でアルフィー」「あんた、まだ行ってるの!?」・・・はい、まさにそれですわ。私。でもまぁこうして毎年通えるのも幸せだってことで、これからも行かなくちゃならんですな。まだまだ行きますよ!

アンコール「落日の風」「恋人になりたい」「通り雨」と来たんでこりゃ武道館2Daysをごっちゃにしてるのか?と思っていたら「街の灯」が来た!またまた裏切られた!これ久しぶりでもないって言ってたけど、生で聴いたことあったかなぁ?ラジオのスタジオライブで聴いたことあるかも?アコースティックコーナーはレアな曲がいっぱい出てきて、今回のツアーはとても楽しかったです。幸ちゃんのD-45を見てひゃーひゃー大げさに驚くたかみーがかわいかった。
武道館でもやってたけど、「SWEAT&TEARS」で幸ちゃんが桜井さんとたかみーの膝の上に乗っていた。Victory秋ツアーのチケット写真のように。だけど桜井さんには遠慮がちに大丈夫か確認しながら乗り、ほとんどたかみーに体重をかけていたようだった。
「この愛を捧げて」たかみーがヤマトの前で歌うのはこれが最後、寂しいといいながら歌い始めた。この映像はかなりの迫力で演者をいっこも見てなかったけど、またこの日も見とれてしまっていた。
通常ツアーメニューならここで終わりだけど、ファイナルなんでもう一回アンコールあり。始まったのは「LAST STAGE」だった。あぁ一年終わっちゃうなぁってしんみりして、武道館も「至上の愛」で終わったし今日はこれでおしまいかな?と思っていたら、さすが大阪!「FLOWER REVOLUTION」来た!大盛り上がり!汗かくくらい踊ってました。最後の最後、大阪国際女子マラソンのテーマソングが流れ、ノリノリのままメンバー退場。この新曲、スイッチボーカルのロックンロールですごくいい。多分この曲があるから「FLOWER REVOLUTION」が入って流れを作ったんだろうと思った。アコースティックコーナーじゃないけど、初めて聞くのに会場中ノリノリでした。春のツアーでも聴けるかな?楽しみです!

|

« 大阪城ホール | トップページ | 男鹿和雄展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪城ホール | トップページ | 男鹿和雄展 »