« 百年の孤独と森伊蔵 | トップページ | One More Time One More Chance »

2012/08/22

再発

経過を説明しよう。

7月29日。謎の頭痛により、早々に東京から帰ってくる。2時頃到着してそのまま寝る。夜、熱を測ったら微熱だった。

7月30日。だるさは残るものの、出社。なんとか1日乗り切る。

7月31日。朝、ベットから立ち上がったら、謎の膝裏痛。膝が伸びない。すぐに揉んでもらいに行けばよかったのに、仕事を抜け出せなかったのと遅番だったので、土曜日まで行けず。4日間足をひきずっていた。

8月4日。やっと揉んでもらいにいけた!が、そのときには膝裏ではなく、なぜか痛みは下がり、ふくらはぎというか足首の上辺りが触られても痛かった。この頃は足指を上にそらすのが痛くて階段を下りるのが辛かった。実は腰からお尻、太ももにかけても地味に痛かったので、仕事中椅子に座っていても太ももがキンキンと痛くなり、たまに立ち上がって体重をかけないようにしていた。原因は腰と、体の裏っかわ全部揉んでもらった。

8月8日。揉んでもらいに通っていたが、そうは簡単に痛みは治まらず、そしてこの日の夜、なんかふくらはぎがかゆいなーと触ったら、すごい腫れてる!ふくらはぎから足首まで、触るとカンカンに!最初は「どっちもかんかんじゃん!」と笑っていたかーちゃんに、両足触らせて、やっと腫れていることを認めさせた。確かに平常時も肉でかんかんなんだけどさ・・・ふくらはぎがかゆいと感じたのは、腫れてすね毛が逆立っていたのでした。3日ほどかんかんでした。

8月12日からお盆休みで、この頃はだいぶ足の腫れもとれて、13日はお墓参りに行ってきて・・・このときはよかったんだけど・・・

8月14日。家には誰もいなく、お盆は午前中しか揉んでもらえなかったので、着替えて出かけるか・・・と立ち上がろうと体を左に傾けた瞬間!今まで味わったことのないようなぎっくり腰をおみまいされました。家には誰もいなく、午前中しか揉んでもらえない・・・階段を降り、車を運転して、揉んでもらいに行きましたよ!「今日は足じゃなくて腰が・・・」ものすごい格好で歩いていたんでしょう。それからは、んもう重病人の扱いですよ。こればっかりは時が経つのを待つしかないが、お盆休みでよかった。それから3日間はずっと抱き枕抱いて寝てました。

8月15日。この日だけは、かーちゃんの実家に、いとこが森伊蔵と百年の孤独を持ってきたので行ってきた。皆が座敷で座卓を囲む中、リビングのテーブルにどっかり座って、料理を持ってこさせ、落ちたものを拾わせ、えらそうに飲んでましたよ。森伊蔵が痛みを紛らわせてくれたわ。(笑)

8月17日。出社したが腰が痛い。ぎっくり腰のキンキンとした痛みはもうないが、3日寝たきりだったので、座っていると疲れて腰がだるくなる。この日は3時から揉んでもらえたので、早退して揉んでもらって、あとは家で寝てた。18日も出勤だったが休みにした。土日とだいぶよくなって、痛みもほとんどなかった。

8月20日。出勤。17日のこともあるので痛みはなかったが疲れ防止にコルセットも持って行っていた。外に出る(お客さんのところに行く)仕事は避け、会社内での作業に集中する。

・・・が!さぁ帰ろうと椅子から立ち上がると、膝が伸びない!また膝裏痛!21日朝になっても治らず、遅刻して揉んでもらいに行きました。おい!振り出しに戻るのかよ!しかもいつもいつも週の頭でさ!どんだけ仕事嫌いなんだよ!・・・いやそういうつもりはないんだけどね。本当は大納品(パソコン一式とプログラム・LAN配線・接続などなど)が控えているのでそれまでには早く完治したいんだけど・・・

夜になって腫れてまいりました。太ももも痛いです。膝が曲がらなくて爪先立ちで歩いてます。こんな歩き方してたらまた腰を痛めそうなので、今度は早めに、ちゃんと揉んでもらいに通います。(泣)

|

« 百年の孤独と森伊蔵 | トップページ | One More Time One More Chance »

コメント

shocksweat02
ありゃ〜\(~ロ\)(/ロ~)/
あれからズーと悪かったんだねぇ〜sweat02
夏バテとか疲れがたまってたんかねぇ〜
お大事にね

投稿: Y@チームサカザキ | 2012/08/23 06:25

そうなのー。なんだかんだで、あれからずっと病んでますよ。(泣)

足のほうは、前回みたいに我慢せずに、すぐに揉んでもらいに行ったので、まぁまだ痛いけど、前回ほどひどくはならなさそうです。

腰は、痛みはなくなったけど、またいつぎっくりとなるか、恐る恐る動いてます。(笑)

投稿: ちはる | 2012/08/23 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 百年の孤独と森伊蔵 | トップページ | One More Time One More Chance »