« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014/09/28

5段重ねのパンケーキ

5段重ねのパンケーキ
見つけたら買わねば!と思っていたアメリカンスイーツです。
でかいなー重いかなーと思ったけど、リコッタクリームだから甘くなく食べられました。間のメープルもおいしかった。
本日のブランチになりました。
from onchan(o_n)

| | コメント (2)

2014/09/23

ピュアティラミス

ピュアティラミス
新製品!買っちまった!ほろにがでうまい!ピュアシリーズは外れなしだな!
ホントはね、お彼岸だからあんこものにしようと寄ったんだけど、新製品に弱かった。^^;
from onchan(o_n)

| | コメント (0)

2014/09/20

茶豆ソフト

茶豆ソフト
黒崎SA。笹だんこソフトとものすごーく迷って今日は茶豆ソフト。あっさりうまーい!
ランチに失敗しましてね。ものすごーくまずいオムライス食わされまして。早く口直しが食べたかったんだけど、あまりに大量の炭水化物だったので、時間をおいて終演後になっちゃいました。あー救われた。
from onchan(o_n)

| | コメント (0)

笑福亭鶴瓶落語会

笑福亭鶴瓶落語会
笑福亭鶴瓶落語会

from onchan(o_n)

色っぽい古典を3席。前回2席だったからもうちょっと短いと思ったけど、なんと3時間もあったわ。前回もそんなもんだったかなぁ?前回は「らくだ」だったから1席が長かったのかなぁ。
なにしろ色っぽい話ばかりで、鶴瓶さんが色っぽい話ってちょっと新鮮。立ち切れ線香をちゃんと聞いたのは初めてだったのでちょいと楽しみだった。(ネタは朝ドラちりとてちんで見ていたのでオチも知ってたの)
次回公演のチラシも入っていて、次回はGWに鶴瓶噺。諸所に連絡を入れ、行く予定。(爆)

| | コメント (0)

2014/09/17

能登島トーク思い出し追記

能登についてのお話。

コンサートで金沢にはよく来るけど、能登は来たことあるんですか?に、あの!羽咋高校学園祭・・・じゃなくて朝礼の後の1曲。そして冷めたカツ丼の話。羽咋高校出身の方もいらっしゃってました。羽咋は口能登というそうです。能登島は中能登、それより先っちょは奥能登です。

能登の景色はいかがですか?に、全然見てこなかった!館長と骨董の話で盛り上がって見てなかった!・・・そうです。能登島にかかる橋を渡るときにすごくいい景色だったのにぃ!帰りは見れたのかなぁ?

という私も、ナビに山に連れていかれて、楽しみにしていた海沿いの道を走れなかったんですけど。(泣)
次回和倉温泉・のとじま水族館・能登島ガラス美術館に行く機会があれば、ぜひ海沿いの道を走りたい!!!と思っております。(もう石川県制覇したから行かなくてもいいんだけどさ)

| | コメント (0)

2014/09/15

チョコバナナラテ

チョコバナナラテ
能登の帰りに買っておいた。あと二日休みはあるからそのうちに食べればいいやって、本当にお腹が空いて目が欲しがったみたい。
コーヒー、マンゴー、抹茶は食べたことあったけどこれは初めてかも。希少糖入りって書いてあったけど、チョコ部分はほろ苦いほど、バナナに当たると甘い。チョコ好きには好みかも。

あ、能登島のこと、書き足しました。お暇なときどうぞ。
from onchan(o_n)

| | コメント (0)

未確認飛行物体!?

未確認飛行物体!?
弟が隣の部屋で叫ぶので廊下に出てみたら、海の上あたりを飛行船が飛んでました。
写真撮ってみたけどなかなか寄れず。中学校の屋根も入れたから家から撮ったことわかるかな?スヌーピーが先頭にあるメットライフアリコの飛行船でした。
from onchan(o_n)

| | コメント (0)

2014/09/14

二枚重ねのウーピーパイ

二枚重ねのウーピーパイ
昨日の帰り、のどが渇いて冷たい微炭酸飲料をさっぱりと勢いよく飲んだら、おなかが膨れてあんまり食べたいとは思わなかったの。
それでも帰ったらビール飲むのになんかつまみが欲しいなとコンビニ寄ったら、やっぱりおなか空いてたんでしょうか?目が欲しがりまして。弁当とレトルトの白和えを食べたらさすがにもう食えず。今日のお昼となりました。
上のラズベリーはさっぱりすっぱくうまい。下のチョコはナッツもクリームもうまい。ただナイフとフォークついてたけどぼろぼろ。結局ナイフで切って、フォークをスプーンみたいにして乗っけて食べましたが、それで正解?
このアメリカンスイーツのシリーズ、続くんだよね。また来週食べるぞー!
from onchan(o_n)

| | コメント (0)

2014/09/13

能登島ガラス美術館ギャラリートーク

能登島ガラス美術館ギャラリートーク
能登島ガラス美術館ギャラリートーク
能登島ガラス美術館ギャラリートーク

from onchan(o_n)

まずは館長の挨拶。今回のガラス展を開催するにあたり「ワクワクとハラハラ」だったそうで。ワクワクはわかるけどハラハラって?って思ったら、年間予定を作成したくても開催OKの返事がなかなか来なくて、やっとOKもらったら展示物の資料がなかなか来ないとか、今回のギャラリートークもポスターの校了が迫っても返事が来なくて開催が危ぶまれたとか、当日飛行機から降りてくるまでハラハラしていたそうです。夏イベ・武道館と40周年でいろいろと今年の夏は忙しかったからね。館長さん掴みはOK!かなり場を温めてくれてました。

ステージには椅子が一つ用意されていたんだけど、いいですって座らずに立ってしゃべってくれました。エレベータの向こうまで人がいたんで、座ってるより立ってるほうがみんなにお顔見えますからね。よくよく考えてみれば坂崎さんは立ち仕事の人。さすが板の上の人!と感心していたら、椅子にあわせて照明用意してあったんでって立ち位置注意されてました。今回は展示物と同じ上からのライトだけだったのでその位置にいないと灯り当たらなかったんですね。いつもは照明当ててもらからね。(^^;

最初に買ったあられコップは、松山の骨董屋さんで店主と話が盛り上がって、買わないと帰れない雰囲気になって、話しながら横目で物色していたら、かわいらしいあられコップがあって買ってきて、それから始まったそうです。

いろんなところの骨董市で店開きする前に店主に声掛けて掘り出し物を見つけてくるとか、そうこうしていると店主のほうから坂崎さんのために取っておいたとか言われるようになり、そうなると買わないわけにもいかず・・・授業料だと思ってそうやって増えていったそうです。骨董好きな人は自慢したがりで、自慢げに話すわけじゃないんだけど聞き上手になってるとコネクションが増えていったようです。(笑)

専門的に集めている人がいて、金平糖の瓶も一人だけ集めていればいいんだけど、二人三人と集め出すとだんだん値が上がって大変になってくるというお話。坂崎さんは本でウランガラスにブラックライトを当てた写真を出してから、あの本を「同じ物だろ」って見せながら売るんでウランガラスの値が上がったとか。氷コップの白い色の入ったのとかおすすめだけどン十万したから、みんなは手を出さないで!コンサート来れなくなっちゃうから!3000円とか5000円とかそういうのにしときなさいと言われ・・・心しておきます!!!(爆)骨董のコンプリートは難しいって言ってましたけど、心の中で骨董のコンプリートなんてありえないから無理!って突っ込んでました。コンプリートするつもりだったのかな?(爆)

本に載っていた蔵出しの話。あれ1回しか連れて行ってもらってないそうです。頑固なおばあちゃんでなかなかOKがもらえず、もう明日壊すっていう蔵に本当は11tトラック持っていっても足りないくらいのモノが詰まっていて、ハイエース一台分だけもらってきたって。埃除けの武装はしていったそうだけど、帰ってシャワー浴びたらドロドロだったそうです。でも楽しかったんだろうなぁ。蔵出しの話で言うと、カメラを譲りたいって話をもらって、でも2000台全部引き取ってって言われて、4t楽器車持って行って引き取って来たって。写ルンですとかおもちゃカメラもたくさんあったんだけど、10台ほど欲しいものもあったし、よくよく見てみればいいものあって、だから蔵出しの時に置いてきたものにもいいものたくさんあったんだろうなぁって、マヂでライブの時の11tトラック持っていこうとしたんだけど、降ろすところもないんでハイエース1台になっちゃったんだって。

コレクションは飾ってあるんですか?って言われて、囲まれて生活したいけどそういうわけにもいかず、買ってきて写真撮ってナンバリングしてプチプチに包んでプラスチックの衣装箱にしまっちゃうそうです。今回の展示物も写真とナンバーを付けて、几帳面なんですねって言われて、いやアルフィーの中で2番目に雑です!って言ってました。1番目と3番目は極端ですけどね。(笑)以前に展示に出した時にわけわかんなくなったのと、こういう機会に整理しているそうです。飾っておきたいけど地震が怖いって、江戸時代や明治からのもあるから、自分のところで割ってしまうのは忍びないと言われてました。男の人はコレクションとして見るけど、女の人は使うことを考えるって言われました。確かに私も、スマートなお猪口やリキュールガラスにきりっとした冷酒入れて飲みたい!とか、剣先コップに氷たっぷり入れて芋焼酎!とか、レース皿は水菓子とか練り切りもいいけど、軍人さんに淵に英語が書いてあったレース皿にはよく冷えたベイクドチーズケーキとかチョコブラウニーとか盛ってもいいね!って思って見ていました。美術館というより雑貨屋さん感覚で見ちゃってたかも?そうね使っちゃうと割れちゃうかもしれないもんね。(^^;

お気に入りを3点選んでくださいと言われ、茶色い樽の形のしょうゆ瓶と乳白色と青の剣先コップは譲ってくれと言われるくらい珍しいものでお気に入りだそうです。それとウランガラスの30cmくらいある大鉢。今回はウランガラスコーナーの一番奥の暗いところにブラックライトを当てて光ってました。ウランガラスに乳白色が重ねてあって切子でウラン部分が露出して柄になっている。これが出たときは譲ってもらえなかったんだけど、やっぱり坂崎さんに持っていてもらったほうがと譲ってもらえたそうです。お金持ちの蔵から出てきたらしく、多分作らせた一点ものじゃないか?ということでした。帰る前にもう一回拝んできたよ。せっかくの機会だからね。

最後に10月18日金沢アルコン宣伝してました。1番目の人も3番目の人も来ますから!って。

橋を渡って島に入ってから、大きな看板とかポスターとかいろんなところにいっぱい貼ってありました。写真若いなーと思ってきて本見たらあれ2001年でしたね。10年以上前だもん。そりゃ若いわ。

一番上の写真は美術館を出たところから海を見たところ。入り江がいい眺めです。実はこの背後で坂崎さん取材うけてました。ガラス張りの美術館の中で緑色のパーカーの後姿を見つけて眺めていたのですが、人が集まってきたし明るいうちに帰りたかったので出ちゃいました。あー楽しかった!帰ってきてから「和ガラスに抱かれて」の本を引っ張り出してまた読んでます。

| | コメント (3)

能登豚ミルフィーユかつ丼

能登豚ミルフィーユかつ丼
すでに整理券なく、やけ食い。いや、やわらかくておいしかったです。
立ち見もいっぱいとのことで、廊下で漏れ聞こえる声を聞くように言われました。どうなることやら。ま、ラジオだと思って話だけ聞いてきます。
from onchan(o_n)

9時ころ出かけたんですけどね、ナビの到着予定時刻は12時ちょっと前。親不知ICに乗る前に工事信号に止められて、そしたら天気が良くて海の向こうにうっすら能登半島が見えて・・・うちは新潟県だけど佐渡ヶ島ではなく能登半島が見えるようなところですから・・・あぁあそこに行くんだと思って出かけたのですが、小杉まで高速で行ってあとはナビ任せにしましたところ、高岡駅前通らされたりしてちょっとおかしいなーと思っていたら、氷見を過ぎたところで左折指示出たんで行ってみたら案の定峠越え。本当はねぇ、氷見―七尾―能登島―穴水あたりまで海沿いの景色のいいところ走ろうと思っていたの。あのあたりの海岸線の道って水面に近くて天気も良かったしすごいいい感じなの。でも私のナビは果敢に攻めていきます!これって時間遅くなんない?と思ったのですが、信号もなく止まらないので峠で時間短縮させてました。ちなみに帰りも1度は逆らったのですが、地図を見るとやっぱりショートカットしているように見えたので言うとおりに行ってみたら七尾の街の大きい道を結構いけましたが、でも最後は行きより険しい峠道でした。その後氷見の街中を通らされました。残念。8号線に出てからも降ろそうとしたのでそれは拒否しました。多分距離優先の設定になっていたと思われます。

まぁお昼までに着いて、整理券あったらもらってからご飯食べてゆっくり見られれば・・・くらいに思ってましたけど、案の定整理券はなく(入り口前に書いてあった)、じゃご飯食べちゃお!とカツ丼食って美術館入ったら立ち見券ももうないって・・・話を聞くと朝5時から並んでいる人がいて、あっという間にいっぱいになったそうです。どーしよーかと思いましたけど、諦めたらゆっくりガラスを見ることが出来ました。ダリのギターとか、中国のガラス重ねて削った壺とかも見てきたよ。大きい皿にものすごい細かいカットしてあるの、どーなってるの???って下から覗いて見てみたり。美術館満喫しましたよ。でも時間余っちゃってどーしよーかなーと思った頃に整理券持ってる人を呼ぶ放送があり、とりあえず展示室に行ってみると整理券にあぶれちゃった人が結構集まってて、ここの展示室は1階から3階まで吹き抜けで、吹き抜け部分を囲んでらせん階段と真ん中にエレベーターがありまして、ここなら話が聞こえそうだから、あーここで聞いちゃおうかって居着いちゃいました。ただ突っ立ってるのもなんだし、展示物の前は邪魔になりそうなので壁に寄りかかって立っておりましたが、坂崎コレクションに囲まれて、剣先コップを眺めながら話を聞くのもいいかなって思っておりましたら、スペースがあったのか展示室の邪魔になってきたのか、トークを聞かれる方はどうぞと2階に招かれました・・・場所ありました。多分もっと余裕もって見てもらうつもりだったり、エレベータで見切れるところがあるからと入れないつもりだったのかもしれませんが、まだまだ見られるっていうのと予想以上に人がいたので入れてくれたのでしょう。本当は階段が見やすかったんだけど危ないからダメって通路に移動して、どんどん前に行ったら人と人の間から坂崎さんが座る椅子がよく見えてそこにいることにしました!後ろで立ち見券持ちの方々がぶつぶつ言ってましたけど、空いてたんだから仕方ないぞ!話の内容は別記事で。

帰り、石川県残り二つのスタンプ押しに輪島・珠洲を目指してドライブ。行きの能登島大橋も、帰りに渡ったツインブリッジ能登も海の上を走ってるーって感じで気分良かった!しかしこの橋いつから無料になったんだ?今度は和倉温泉・のとじま水族館もセットで来たいわぁ。
能登空港で輪島GET!のどが渇いていたのでジュース一本買いに空港に入った。ファンらしい人いたけど待ってるのかなぁ?美術館でインタビュー受けてた姿は私より先に着いたってことは見てなかったのかなぁ。しかしまぁ熱心なファンの皆さんはすごいなぁと思いつつ、先に進みました。もう10キロほど走って輪島町の途中で珠洲GET!これで石川県制覇となりました。よかったよかった。今度は新潟(あと一つ)・長野(あと四つ)を制覇したいなぁ。この時点で5時ちょっと前だったんだけど、明るいうちに8号線まで出たいと思っていたので先を急ぎ、峠を攻め(爆)、6時には高岡に出れたので、あとは慣れた道。9時前には家に到着しました。

| | コメント (0)

2014/09/05

今後の予定~欲望のおもむくままに(笑)

40周年式典までは前回予定に書いたんだけど、まーそのあたりからばたばたしてまして。

8月23日 白馬NBS杯女子白馬サマージャンプ大会&白馬サマーグランプリ
8月24日 高校野球ラジオで聴きながら東京に行ってつばめグリルでハンバーグ食って東京湾納涼船に乗る
8月25日 40th Aniversary Ceremony & Special Concert
8月26日 羽田行って銀座ぶらぶらして帰宅
8月31日 妙高サマージャンプ大会
9月 3日 安田顕ひとり語り2014~ギターの調べとともに

ここまで休みなし!会社休んでも体休めてないし!土曜日に出かけてないときは出勤してるし!平日まで出かけちゃってるんでまぢ辛くなってきましたよ。
そんで今週日曜日やっと休みなんですけど、実はこれからも土曜日お出かけが続くので、今週土曜日本当は休みだったけど出勤して、このあとに休みを変更しようという魂胆。

9月13日 石川県能登島ガラス美術館 THE ALFEE 坂崎幸之助ギャラリートーク
9月20日 ゆうちょ笑福亭鶴瓶落語会

だってぇ、先週幸ちゃん新潟の人も来いって言うんだもん。それ聞いたら行く気満々。(爆)今の辛さのままだったら行く気もしないんだけど、この週は3連休だからあとの2日は潰れてればいいかな・・・って。あとついでに足を延ばして輪島と珠洲でぽちっとスタンプすれば石川県制覇となります。ドライブしちゃお。
そして鶴瓶さんのチケットも今日届きました。7列目真ん中ブロック。落語にはちょうどいい席だわ。まーね、いつものように、本家以外でチケット運を使い果たしてるわ。こちらも楽しみ。

10月 5日 白馬ジャンプ記録会

ジャンプ見ちゃうとね、2月にめらめらと燃えていた「ジャンプ生で見たい」気分がまた再燃しましてね。これがなかなか体力的にやられちゃうんだと思うんだけど、でもやっぱり機会があれば見たいんですな。天気いいといいんだけど。

10月18日 THE ALFEE 本多の森ホール
10月19日 THE ALFEE 新潟県民会館
10月26日 THE ALFEE ホクト文化ホール
12月29日 THE ALFEE 大阪城ホール

んもー!なんで2週連続なんよぉ!んで11月ぽっかり空いちゃうんで、どこか行こうかな?と思ったんだけど、体力的にも金銭的にもきつくなり・・・まぁでも、10月に行っていーなーと思ったら、どっか行っちゃうかも?くらいに考えてます。でもま、行くとしたら宇都宮。3連休の初日なんでチケットなくなっちゃうかな?日光も行ったことないんで観光兼ねて行っちゃおうかなー!・・・あぁでも体力的にも金銭的にも・・・(爆)

2月21日 ORANGE 新潟市音楽文化会館

!!!!!来年の予定まで!!!!!
実はこの間、ヤスケンのひとり語りに行ったときにチラシが入ってたんだけど、それも言われて気づいて速攻「いくよ!」って答えたんだけど、またこれがしかも新潟で見れるとは・・・うれしー!!!
んでも、日程と会場と、作演出宇田学、主演音尾琢磨としか書いてなくて、他に誰が出るのかもわかんないんだけど、でも音尾さんが主演なのは変わらず!またヤバい時期(天候的にね)だけど、行っちゃうよ。

| | コメント (2)

2014/09/04

安田顕ひとり語り2014 〜ギターの調べとともに

安田顕ひとり語り2014<br />
 〜ギターの調べとともに
「終わらない夢」までには帰るの目標にしてきましたが、ちょっと間に合わず。でも車の中から聞き出して、着いてからメシ食いながら聞きましたよ。本当は新潟でうまいモン食ってから観劇しようと思ってたのに、出かけ遅れ、事故渋滞でのろのろで結局コンビニオニギリのみ。帰りもぶっとばして来たんで家に帰り着いてがっついた。

ところで、今回のお話は、原作は「日傘と剃刀」って長い時代を生きた女床屋のお話。最初、ボロをまとった老婆の姿で客席後ろから登場し、ボロボロの日傘をかざして「お入んなさい」と言われたところから、んもうすでに圧倒されてました。そしてころころ変わるお相手と時代と場所。戊辰戦争あたりの熊本から北海道、名古屋、広島原爆投下直後の満州。おまつさんも時代によって雰囲気変わったり、お相手も全然キャラ違うし、それをひとりで演じてる。ギターの古澤剛さんも、ギター、歌、音響効果、ガヤ、イジラレと、すばらしい活躍。最後も死ねない苦悩を抱えつつ、「お入んなさい」と夕日に向かって歩き出す老婆の姿は、最初の圧倒された鳥肌が立つような雰囲気をまた出しておりました。

そして能楽堂で見れたこともよかったかも。雰囲気抜群。中正面4列目ってところだったんだけど、ななめになってて、柱で見にくそう・・・と思っていたら柱なくて(とれるみたい)、4列目といっても前に1列しかなく、正面・脇正面よりはちょっと下がってるけど実質2列目、しかも通路横で体半分は前の人とかぶってなかったので、そちらのほうに顔を出せば前に遮るものなく堪能しましたよ。正面・脇正面と場面によってどちらも向いて芝居するから、なおさら真ん中の中正面で得したかも!!!そして能楽堂なので花道も使って、馬を走らせたり川に流されたり「能楽堂さんこんな使い方でごめんなさーい!」って、いつものように安田汁たっぷり降り注ぎながらの熱演でした。

ただ、行きの運転しながら、「能楽堂ってどこから入るんだ?」って調べてこなかったこと思い出して、ぎりぎりに駐車場に飛び込んで停めたときはちょいとパニックでしたけど、エレベーターにちゃんと5階と書いてあって、降りたら真正面でよかったよかった。グッヅは扇子が当日分売り切れで買えなかったけど、それでも始まる前にパンフと手ぬぐい買えてよかった。次回から反省して、はじめていくところは駐車場と入口くらいは予習していきます。(次回は2月か!?)

これ見た人が書いてたけど、私も、安田顕という怪優に出会えて、ほんとうによかった。これからも見続けて行きたいと思います。
安田顕って、ものすごく不器用な人間だけど、とっても器用な役者さんになったよ。
from onchan(o_n)

| | コメント (2)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »