« アズキアイス | トップページ | アマンドシューとひだチーズムース »

2015/04/18

イシノマキにいた時間

Ncm_1254


まだ3日しかたってないけど、また新潟に行ってきました。
2月にORANGE見に行ったときに、チラシ入っていて、そのままの勢いでチケット買いに行った芝居です。
重ちゃんの独り舞台の演出をしたり、ナックスさんにも近い関係にある、福島カツシゲさんの芝居です。
実際石巻にボランティアに行っていたことも、この芝居のことも、聞いていたんだけど、ORANGEと震災つながりでこりゃ見に行かなきゃ!とそのとき思ったんだろう。まぁ3日で体力復活もしてたし、大丈夫。

最初に素でカツシゲさん出てきて、演出の都合上非常灯を消灯することを説明。2回言わなければいけないと2回目は感情こめて言ってました。そして隣の人が寝ていても起こさないでください。お疲れなんだと思います。そして起こしているところを役者が見つけてしまいます。と。これが後々・・・

お芝居が始まる前に、エンディング曲を作った吉俣良さんの演奏。新潟ということで朝ドラ「こころ」大河ドラマ「篤姫」「江」のテーマ曲などを演奏しました。吉俣さんは現地集合現地解散で来てくれご飯までおごってくれる、金づるだと言っていましたが、最後に以前この芝居を観た吉俣さんがぜひ曲を作りたいと言ってくれたので、作りたいならどーぞと上から目線で作ってもらったと、こちらから頼めばいっぱいかかるんだけどと指で丸を作ると、それじゃないといわれ、んじゃと四角を書き・・・とごっつぁん感いっぱいでした。(笑)

お話は2011年11月頃。GWや夏休みはたくさんのボランティアが来たんだけど、その頃はもう少なくなり、その中で長期滞在のリーダー格のボランティアと、何度もやってくるカムバック組と、学校の後輩たちに講演会で語る形で進む。
白状すると、最初のほうは眠かったんです。こくっと落ちかけたこともありました。カツシゲさんあんなこと言うから・・・と思いましたが、お話が進むにつれてのめりこみ、寝てる間なんてありませんでした。
ボランティア同士の日々の楽しいやり取りと、ボランティアとして、いつまで、どこまで、ボランティアとして関わるのか、ボランティアしか出てこないんだけど、ボランティアと被災者との関わり方とか、いろいろ考えさせられる芝居でした。

が!まぁ終始笑ってましたけどね。カツシゲさんの動きはコミカルでいいっすな!

芝居のラストは吉俣さんのエンディング曲の生演奏の中、石巻のスライドが映し出されます。
再度キャストが出てきて、女川駅まで開通したので現在を見てほしいと、現在のスライドが流れます。そのうちにカツシゲさんが女川線の車両を頭にかぶって、スケートボードに腹這いになって乗ってきて、みんな女川線に乗りに来てねってアピール。本当は4両編成だったんだけど、後ろ3両が引っ張られてカツシゲさんの首が持たないと今回は1両編成でした。そこで女川線からお願い!この後大阪・新宿・北九州で公演があるので、知り合いにお勧めしてほしいと、他力本願で告知してほしいと、このチラシに推薦文を書いて、82円切手を貼って、お友達に送ってねと、客席にキャスト全員降りてきて配ってました。1枚もらってきまして、先ほど東京・大阪・北九州に向けて、発送・・・というわけにもいかないのでメールにて お知らせさせていただきました。2000円でいいだけ笑えるからね。と推薦文です。お暇なら行ってみてくださいな。

会場出たら、出口でキャストと吉俣さんお見送りしていて、握手してもらいました。ロビーではいろんな写真家の石巻の写真を展示してありました。「ORANGE」も、この「イシノマキにいた時間」もたくさんの人に見てもらいたい芝居です。

|

« アズキアイス | トップページ | アマンドシューとひだチーズムース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アズキアイス | トップページ | アマンドシューとひだチーズムース »