« 名前だけ読まれた・・・ | トップページ | 2016.10.16 上越文化会館 »

2016/10/15

2016.10.15 高周波文化ホール

Ncm_1806
Ncm_1807
Ncm_1805

「高周波文化ホール」ってネーミングが気に入ったたかみーが、高い声出して「高周波」って言ってたけど、幸ちゃんに「それは超音波。表に犬が集まる。」って言われてた。

最前列ど真ん中に小学校中学年から高学年くらいの男の子がいた。どーも寝ていたらしい。MCでたかみーがステージど真ん中でシャウトしてる時に目の前で寝ていたと、日頃の教育がいいんですかねぇ(大音量の中寝てられることが)とか、いじられまくってました。その間、その男の子はコメツキバッタの如く謝りまくってましたけど。それがまたかわいかった。(^^)
そんで、未就学児入場禁止とかいうライブもあるけど、アルフィーはOKとなっていることについて、たかみーは若い人は大事にしないと・・・と、先が長いから・・・と、売れたかったんだ・・・と、貪欲です。(笑)
日常親に聞かされたり見せられたりして、ライブに連れてこられて、きれいだとかかっこいいだとか面白いだとか、音楽ばかりでなく、いい思い出になればいいかなと。
ここんとこのチケットには、6歳以上有料(6歳未満のお子様の入場に関しては、周囲のお客様へ最大限のご配慮をお願いいたします)と書かれています。いろいろ問題になることもあるけど、これが答えかなと思います。

今回お隣のご家族、ちょっと年配のご夫婦と息子さんでした。旦那さんと息子さんは座っていたんだけど、奥さんは私の隣で拳あげたり踊ったりしてました。「初めての人」の時に手を挙げていたので地元の人かな?と思っていました。アンコールの時に運転手Iと「明日さぁ」なんて話していたら、「明日もあるんですか?」って奥さんに声掛けられました。「明日は上越なんです。私たち糸魚川から来たんでそちらの方が近いんですけど」って言ったら、「私も糸魚川です。須沢です。」って、須沢から新湊にお嫁に来たんだそうです。「私、高畑です。」って超ローカル話。なんと息子のお嫁さんも須沢からお嫁に来て、二人とも糸高でって、私も糸高ですよ。共通点たくさん。お嫁さんは糸魚川のほうがいいって言ってるらしいですけど。(^^;嫌がる旦那さんと息子さんをやっとの思いで引きずってきて、楽しんでおられたようでよかったです。2曲しかわかる曲なかったかもしれないけど、高見沢さん外タレのライブに行って、1曲も知ってる曲がなくて寂しい思いをしたから、自分たちのライブで初めて来た人にも寂しい思いをさせないように「星ディス」は必ずやるんですって話をしたら、やさしいですねって感心されてました。「気を付けて帰ってください」「はい」と、キャッチした特効テープを数本持たれて帰られました。息子さんは「こんなに持って帰ってどうするの?」って感じでしたけど。まぁお土産に。よかったよかった。

今回、具合悪くなって初めてのライブで不安もあったんだけど、ちょっと右腕は重くなっちゃって、なんか変な力を使ったのか、筋肉痛がいつも以上に痛いんですけど、まぁ乗り切れたんで安心しました。
いろいろあったけど、この日が迎えられて席についてちょっと感動していたところに、1曲目が春夏の号泣ポイントNo.2の曲だったので、うるっときちゃいました。(泣かなかったけど!)

今回、ライブに参加して思いました。アルフィーが歌い続ける限り、私は右の拳をあげ続ける!と誓います。右腕が悪いわけじゃないんだもん。頭が悪いんだもん。なんとか大丈夫なこと分かったし、これ以上悪くならないように気を付ける!

そのかわり、ヘッドバンキングはもうやらない。(泣)

|

« 名前だけ読まれた・・・ | トップページ | 2016.10.16 上越文化会館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名前だけ読まれた・・・ | トップページ | 2016.10.16 上越文化会館 »