« 最後のマーブルチョコレート | トップページ | TEAM NACS XX 金沢・本多の森ホール »

2016/11/22

TEAM NACS XX 長野・ホクト文化ホール

行ってきましたよーチョメチョメ!TENから10年経ったのね・・・とちょっと感慨深かったりして。
4時ちょっと前に着いたんだけど、前の駐車場はいっぱい。なんかあるのかな?と思って裏の駐車場に何とか停めてロビーに向かったら、すでに外までグッヅの列が・・・長野寒いのに・・・それでもすぐに発売開始の4時になり、暖かい日だったので最初のうちは耐えられたが、5時近くになってくると吹く風が冷たい・・・さすが藩士は並ぶなぁ。本当は5時までだったんだけど、5時半くらいまでグッヅ販売あり、ぎりぎり買えて助かったよ。でないとご飯食べられなかったもん。アニバーサリーブック、トランプ、バッチ、スタンプシール、それと大泉さんの折りたたみ傘と最後まで悩んでリーダーのおせんべい。おせんべいだけおひとり様2個までって個数制限出てた。まだ食べてないけど巾着開けてせんべい見てみたらおいしそうだった楽しみ。並んでる途中で小ホールの講演が終わったらしく、おじーさんおばーさんが大量に出てきて、駐車場は空いたのでした。
裏のスパゲティ屋さんでまったりして、グッヅも買ったしぎりぎりでもないけどゆっくり入場したのでした。

Ncm_1843

Ncm_1842

オープニングはかっこいいんだけど、しゃべりだすと止まらない。リーダーのよーこそなっくすチョメチョメヘ!から始まった。(やっぱりチョメチョメって読むんだ・・・って思った)チョメチョメって言うな!とか、安田がいつしゃべり始めるのかとか、リーダーと洋ちゃんがグルメ部なんだけど時々重ちゃんが誘いに乗って参加して、今回のツアーはだいたい参加してるんだけど、新幹線の中から洋ちゃんが誘いのメール出したら、ダイエット期間に入ったからって断られたって。その最後の一言が「今までありがとう」みたいな。それ読んで新幹線の中で洋ちゃんちょっと寂しくなっちゃったって。

洋ちゃん司会の週刊大泉のコーナーでは、大昔の札幌のタウン誌の記事を読み上げた。重ちゃんはまともに質問に答えてるのに、ヤスケンの答えはまったくもって日本語になっておらず(笑い過ぎて何だったか忘れた)本人はぼそぼそ小さい声でしゃべるから、記者が聞き取れなくてこう書いたんだろうって言ってたけど、絶対そういうわけなくて、最後の答えが「マンポ!」(これは覚えていた)洋ちゃんが言うには”!”がついてるからこれははっきり聞こえたんだろうと。あ、この前に重ちゃんの記事を読み上げてる時に、ヤスケンの座り方が膝をきっちりそろえて、手を膝に置いて、ハイジさんが抜けてない~って同行のYさんに囁いたら、大うけ。その後自分の記事で涙流すほど笑ってた。
懐かしいCMはおこげスープでした。あぁあの頃芝居見に行って湯葉麺スープもらったなーなんて思い出したりして。それとリーダーの北海道じゃらんのCM(居酒屋バージョンと家庭バージョン)、ヤスケン20歳くらいの時の白い恋人のCM、衝撃的でした。
音尾先輩ファイトのVTR・・・かっこいいからってヤスケンと重ちゃんに見せたのに大笑いされたってVTR。高校3年のインターハイ予選と国体予選なんだけど、どちらもこん棒落としちゃって、インターハイ予選の時はすっぽ抜けてあらぬ方向に飛んでっちゃって追いかけていったりして、それを反省して国体予選では慎重に小さく投げてるんだけどぽろっと落としちゃってそれでも決めなくちゃならないから素早くこん棒に手をかけて決めポーズしてました。それでもちょいと間抜けだったけどね。どんなに辛いことがあっても、これを見れば元気になれるよってVTRでした。

個人企画のコーナーは音尾さんでした。お祝い事のVTRなど頼まれてもただしゃべるだけで芸がない。あっても安田さんの祝砲(おならですな!)くらい。かっこいいVTRが作れるように、5人でボイスパーカッションやりたいって企画でした。ボイスパーカッションってよりはアカペラコーラスだった。曲はMJのビリージーンに最後に「おめでとう」っていれてお祝いバージョンのお手本が流され、パートはリード・ハモリ1・ハモリ2・ベース・ボイパ。とりあえず希望でパート決めてって言ったらリーダーがハモリでヤスケンがボイパになってたけどリーダーそのパートは難しいから・・・とボイパに押され、ベースヤスケン、ハモリ1に重ちゃん、ハモリ2に音尾さん、そしてリードに洋ちゃん!!!真池龍だ!みんなで文句言いながら(ここ以外の企画は紙飛行機飛ばす競争とかお気楽なのだったらしい)短時間で一生懸命練習して、お祝いソングだからお祝いの人をステージにあげようとしたら、いっぱいになっちゃって、今日お祝いの人って限定したのにものすごい人数がステージに上がって、聞いてみたら「結婚記念日」が多くて・・・11月22日、いい夫婦の日でした。ノッテきたらアレンジしてもいいよって言ったら、出だしのリーダーのボイパが全然違うリズムで、それじゃビリージーンじゃない!って怒られてやり直しになって、アドリブ満載の真池龍と重ちゃんと音尾さんのハモリはきれいだったな。上手でしたよ。

ナックスガタメのコーナーは、もう15分押してるんだわって言いながら始まった。長野でのロケでエキストラで参加した人のタレコミで、重ちゃんが前野朋哉さんと(auの一寸法師ね)ガンダムごっこしてたとかね。重ちゃんが言うには前野さんの声は古谷徹さんに似ていて、ガンダムのセリフを言ってもらったらしい。そしたらリーダーが「アムロ、行ってきまーすとか?」って言ったら、それじゃ学校行くみたいじゃん!って重ちゃんに怒られてた。

各々の椅子とテーブルに水差しが用意され、衣装を変えて始まったのが「カレー王」の朗読劇。真面目にやればやるほど、客を笑わせないと頑張れば頑張るほど、バカバカしい台詞に会場が大爆笑になったという芝居。聞いてはいましたが見てませんでした。音尾さんは大河を書いたと言っていましたが、やはりバカバカしかったです。今回朗読劇ですが見れて良かった。こちらも気分が乗ったら立ってもいいよってことになっていたそうですが、リーダーは立つどころか台本見もせず動き回り「朗読劇やないやん・・・」って感じ。洋ちゃんも「ブシャー!」って効果音つけてカレー王を切っちゃうし。重ちゃんは真面目に朗読劇の体をなしていたのに、ト書きに匍匐前進するって書いてあるから動きたい!って言っていた。ヤスケンは重厚な年配の感じで読んでいた。(この日はね)

音尾さんが作ったドリームジャンボリーでも歌った曲。あと場面転換で流れたVTRで、今までの公演の名場面、好きなキャラ、名セリフのベスト5を見ていて、20年を振り返るみたいな。見てない公演もいっぱいあるけど、私の好きなWARRIERとLOVERがいっぱい入っていて嬉しかったよ。

最後のご挨拶、長野は初めてだったんだけど、なんでも長野はフィルムコミッションが盛んで熱くて、いっぱいお世話になってますって、洋ちゃんの青天の霹靂・真田丸もだけど、重ちゃんもカッコウの卵は誰もものとかエキストランドとか(ここでガンダムごっこ目撃されたらしい)、安田さんは亀岡拓次で(ここでもらった日本酒が「安岡さんへ」と書かれていて安田と亀岡と混ざっちゃったんだなって言ってた)今度は公演で来たいって言ってたよ。(大泉さん奥さんが松本出身でご両親が・・・とか言ってたし)

|

« 最後のマーブルチョコレート | トップページ | TEAM NACS XX 金沢・本多の森ホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後のマーブルチョコレート | トップページ | TEAM NACS XX 金沢・本多の森ホール »